台風の影響で配達物が遅れて考えずにはいられなかったこと

新刊の発売を楽しみにして、早々と予約していた漫画ですが、今回の大型台風で発送、受取りが大幅に遅れてしまいました。

我が家の周辺でもこの台風による被害が予想以上に大きくて、瓦が飛んできて駐車していた車の窓ガラスが割れてしまった、植えていた大きな木が根っこからごっそり抜けて倒れてしまった、などという話をあちこちから聞きました。

そんな被害を目にして、耳にしているにもかかわらず、今回の台風で漫画の発送が遅れたりしなければ、発売後すぐに受け取って読めたのに、とぶつぶつ言う子供たち。

関西空港ではたくさんの人たちが身動きが取れず、食べる物や飲み物を買う場所も限定されている、という状況をテレビで見ながら、被害にあっている人たちがこれだけいるのに、そんな新刊の漫画を発売後すぐに読めない、そんなちっぽけなことでぶつぶつ言うなんて、とかなり厳しく説明しながら、私自身もいろいろと考えずにはおられませんでした。

我が家ののことだけでなく、ピザの配達をしているバイクの人が、台風の風がすごく強すぎて、バイクで立ち往生している状態がニュース番組で流れているのを何度か見ました。

そして、この大型台風が接近しているにもかかわらず、ピザの注文を受けて配達させた会社はあまりにもひどい、とコメンテーターの人たちが言っているのを聞きながら、この台風の中、配達する人のことを考えずにピザを注文したお客さんがいる、何も考えずに躊躇なく注文したとすると、それはすごくこわいことだな、と思ったのです。

漫画の発送、受取りが遅れている、そのことでぶつぶつ文句を言ってしまった子供たちが、将来、台風の中ピザを注文するような行動をして欲しくない。

もちろん深く考えずに言ってしまった文句だとは思うのですが、こうした経験を通して、他の人たちのこともよく考えた上で行動、発言することをしっかりと教えていかなくてはならないな、などと珍しくシリアスなことを考えずにはおられませんでした。

こうした台風の影響で発送が遅れてしまっている新刊の漫画ですが、ようやく発送済みになったことをインターネットで確認することが出来て、今日か明日には受取りが出来そうで楽しみにしています。